美容院、美容室、ヘアサロンならZA/ZA|ザザ コラム

神楽坂店
COLUMN コラム

シャンプーは髪ではなく○○を洗う!【神楽坂 美容室】

  • 2021.03.02
  • How to お悩み解決
  • 伊藤 周良※ご予約に関してはお電話下さい

シャンプーで髪をゴシゴシ洗っていませんか?

シャンプーをする時に気をつけてほしいことがあります。


髪をゴシゴシ洗うのをやめましょう。


なぜか?



シャンプーをする時、髪の毛は濡れていますよね?



髪の毛は濡れていると、キューティクルが開いている状態です。



キューティクルが開いている状態というのは、髪の毛にとって、とてもデリケートな状態です。



少しの摩擦ですぐダメージしてしまいます。



なので、シャンプーをする時に髪をゴシゴシ洗うのは髪の毛がダメージしてしまうのでやめましょう。

では、どうするか?

まず、シャンプーをする前にお湯で優しく丁寧にすすぎましょう。


実は、シャンプー前のお湯でのすすぎで7割くらいの汚れは落とせてしまいます。


ここで注意することは、お湯の温度を熱くしすぎないこと。


お湯の温度は38℃以下だと髪をダメージさせずに流せます。

そして、ここが1番大切!

お湯ですすいだら、シャンプー剤を優しく泡だてます。


そして、ここからが大切。


泡だてたら、指の腹で頭皮をしっかり洗っていきましょう。



お湯のすすぎで髪の汚れはほぼ落ちるので、シャンプーでは頭皮の汚れを落としていくイメージです。




髪をダメージさせずにキレイに洗えます

頭皮を洗う際、マッサージするように丁寧に洗っていくととても良いです。


頭皮の汚れもしっかり落とせますし、マッサージすることで頭皮の血行促進にもつながります。


頭皮を洗っているうちにシャンプー剤の泡はしっかり髪の毛にもいきわたります。


洗いながら泡がいきわたるだけで、髪についた汚れはしっかりとれます。


なので、ゴシゴシ洗って必要以上に髪に負担をかける必要はありません。


シャンプーは毎日のことなので、ちょっとしたことの積み重ねでとても差がでてきます。


髪に負担をかけずにシャンプーをすることで、美しく健康な状態を保つことができます。


是非、『シャンプーは髪ではなく頭皮を洗う』を実践してみて下さい。